2004年11月22日

遠眼鏡

今日はいい夫婦の日だとか。昔の日記を引っぱり出してみた。

子供の頃、近所の男の子が持っていた望遠鏡があたしも欲しくて欲しくてたまらなかった。別に天体観測をするとか覗きをするとかそういうことではなくて、あのスルスルっと伸ばして片目に当てると遠い世界が見えるおもちゃの望遠鏡が、黒と銀の魔法の筒のように思えていた。

誕生日にようやく親を説き伏せて買ってもらうことができた。女の子のくせに望遠鏡なんぞ欲しがるあたしを母親は心配するというより奇異に思ったらしい。お人形とかぬいぐるみとか、ほとんど興味のない子だったんである。

たいした倍率ではなく、ほとんどおもちゃの域を出ない望遠鏡・・・だったんだと思う。それでもそこにはまったく別の世界が広がっていて、あたしは本気で月のウサギを探した。月の模様が色々変わることを教えられ、ウサギはいつ来るんだと親を困らせたらしい。

遠きを望む眼鏡。

あたしは望遠鏡を通して世の中を見ながら大人になったのかも知れない。
「そこ」にあるのに手の届かないステキな物を手に入れようとして、必死で筒の長さを調節して、時々目から外しては現実とのギャップにタメイキをつき、そしてクッソォーとつぶやく、そんな少女時代を過ごしたように思う。

大人になって社会に出て、いろんな物を背負い込んで自らを縛り付ける人達の中で、1人だけ望遠鏡を持つ人に巡り会った。いつも遠くを見ながら、何か見つけると現実との距離感を測り、それを縮める手だてはないものかと首をひねってる、おかしな人だった。

その人は、限られた不安定な視野の中にあたしを捉え続け、手に入れてくれた。
posted by Sachi at 18:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シャチョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

トラックバック

トラックバックネタもそろそろしつこいのでこれで最後にしようと思いますが、まあ、補足も含めてあたしなりに整理してみようかと・・・

1.(相手の)記事を読むのが先
2.それに対して関連記事を書く
3.書いたことを相手に知らせる(=トラックバックする)

検索かけて機械的にトラックバックを送る行為も否定はしないけど、これだけ急激にユーザーが増えブログそのものの使い方も多様化している現在、それを好まない人もいるのを知るべき。
また受け取る側も、トラックバックにはそのような側面もあることを理解し、ただ不快だと腹を立てるのではなく、ブログユーザー全体の問題としてルール・マナーの確立を考える必要があるかなと。
ニュース関連など、とにかく関連記事を数多く集めたいというニーズ(=機械的なトラックバック)も確かにあるわけで、送り先を区別・分類するのは現在の機能では難しいのも事実。検索対象のカテゴリー分けとか方法はあるのかも知れないけど・・・

いずれにしても、確信犯や悪用は論外だけど、同じ機能を万人が使う以上ある程度のルールは必要で、無知や無意識、無理解も結果的には悪用と変わらないのは全てに言えること。

1.引用元のブログ名を明記
2.きちんと引用元へのリンクを貼る
3.もちろん関連した内容の記事を書く

機械的なトラックバックはひとまずおくとして、記事の内容としては当然相手の記事に関連した物。
「あなたの記事に関して、私はこう思う、私はこう書いた」「こんなこともあるんだぜ」・・・
その際引用元を明記してリンクも貼っておくというのが最低限のマナー・責任でもあり、また必要十分なルールだと思います。

もちろん付随してコメントを付けておけばそれにこしたことはないけどそれもケース・バイ・ケースで、きちんとしたトラックバックならば基本的に無くてもいいかなと。受け取った側も見に行けば納得するわけだし、「ありがとう」と情報交換や交流のきっかけにすればいいことだし、そこまで求めるとトラックバックの機能そのものを否定することに繋がりそうな気がします。どうしても納得いかないならトラックバックは受け取らない設定にしてコメント機能で代用するなど、これは受け取る側が対応を考える問題でしょう。

記事の内容については、トラックバックに限ったことではないけど、「関連する」ことや「意見・感想」「考え方」は人それぞれ。相手に不快感を与えないか気を遣うのは書き手のマナーだし、引用元の記事に賛同することだけが「関連」ではないことを受け取る側も知るべき。違う意見や反論だってあるわけで、書いてある内容が自分と違うとしてもそれはルール・マナー違反では決してないわけですよ。「あー、こういう考え方もあるんだな」と理解を示し、その上で発展拡充していくのが大人の議論であり、態度でしょうねー。もちろん、非望・中傷や冷静に見て悪意のある物には断固とした対処が必要ですけど、「違う」ことが「悪い」ことではないし、お互いに相手が何を言わんとしているのか、よーく吟味することも大切です罠。

長くなるし、なんだか疲れちゃったのでこの辺にしときますかねー。。。
いずれにしてもトラックバックも、送り方ともらい方、それぞれ考えなくてはならない時期に来てるような気がします。
posted by Sachi at 11:08| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂プレイ

突然ですが、お風呂はいっしょに入ります。入浴中にお互いのケータイをチェックしあうなんてぼんくら夫婦やカップルも多いらしいですが、うちの場合はそんなことするなら死んだ方がマシという思考回路なので、別にそれ防止というわけではありません。もちろんお湯がもったいねーとかガス代節約とか考えたこともありません。強いて言えばあたしの入浴中につまみ食いするヤツがいるからってのはありますけど、お風呂でボーっとしながら何気ない話をする一時が何とも言えず好きってことですかねー。

で、あたしはここんとこ半身浴とかいうものにがぜん燃えておりまして。。。効果のほどはなんともですが、なんとなく気分がいいのも事実だし、とにかく長風呂が好きだったりするので5回に3回は半身浴コースと決めているワケなんですが・・・
シャチョーはあっついお湯に首まで浸かってという、例によって不健康指向。しょっぱい物が好きだし、末路は脳溢血パターンの典型なので、当然お風呂タイムをめぐっていろいろすったもんだがありまして。。これを機会に入浴方法だけでも変えてさしあげないと長生きしねーだろってことで、なんとか説き伏せたことは説き伏せたんですが・・・

どーーーーーぉおしても、せめて肩までは浸かりたい、温くてもいいから・・・ということで、折衷案が採用されました。

ぐふぐふぐふ・・・(笑

それは、だっこです♪

肩まで浸かったシャチョーにだっこして、あたしは半身浴。

肩でも揉んでもらおうモンなら、あーた

ぃやーーーー、極楽極楽ww
posted by Sachi at 00:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

トラバックれる

他のところでも書いたんだけど、昔はいざ知らず(ブログにもすでに「昔」が存在するんだなぁ)、現在ではほとんどのブログサイトが以下のように定義しています。

●トラックバックとは、簡単に言うと「あなたが書いたことに関して私はこのように書きましたよ。」ということを通知できる仕組みです。
●相手のBLOGから自分のBLOGに対し、リンクさせる機能です。つまり通常のリンクとは逆向きにリンクを張ることができます。

まあ、間違いのないところだと思うんですが、要するに手順としてはこうなるわけですよね。

1.(相手の)記事を読むのが先
2.それに対して関連記事を書く
3.書いたことを相手に知らせる(=トラックバックする)

これが基本とすれば、「先に自分の記事を書いておいて、検索かけて似たような記事を探して、その上読みもせずにトラックバックする」ってのは、チガウんじゃねーの?

「関連記事をどんどんつなげて拡大する」という広義の観点からすればそれもアリかと否定はしませんが、これだけブログが増えると関連記事を探すのは自分でやった方がナンボかマシだし、お節介トラバや自己中トラバはそろそろ考え時ですわなぁ。。。

一方的な送り付け放置トラックバックは「トラバックれる」という表現にしたらいかがざんしょ?
posted by Sachi at 14:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに・・・

ブログらしいことになってしまった。この日記はブログを使ってるとは言え、あくまでHPの一部ってことで、いわゆるブログ的なことはしないままでおこうと思っていたのに。。。

SHINOblogさんの「拝啓アフィリエイトサイト管理人様」と、そこに来ていらしたれっこさん/つれづれ日記NEWの「トラックバックの在り方」へトラックバックしてみますだ。

そもそもあたしはカウンターとかランキングとかいうのがでぇきれーで、その流れでトラックバックについてもお仕事ブログの方では何度かやんわりと(←めずらしく。つーか、お仕事だからしょうがないとは言え、ストレスたまりまくり)記事を書いたことがあるんだけど、これだけブログが流行っちゃうと当然いろんな人がいろんなことを考えたり考えなかったりしながらいろんなことをやってるワケで・・・

今さらなんだけども、だいたいブログっていうのは、=日記ではないわけですよ、元々の出だしが。今でこそブログで日記は当たり前になっちゃってるけど、本来は、つーか、ことの起こりは「ウェブ・ログ」、つまりWEB上のニュースや話題をちょこっとメモっておくようなモンだったんですね。で、自分の興味のある話題を集めといて、ちょっとしたコメントを付けたりしながらある意味日記風に溜めこんだ物の集大成としていろんな機能の付いたブログとしてできあがったわけですが、その特徴的な機能として「トラックバック」というのがあるんですな。

すなわち!(笑

興味あるニュース・話題に関連する記事を効率よく探す手段としてはこんな便利な機能はなかったわけですよ、トラックバック。自分で探さなくても相手が教えてくれるんですから。興味の対象を広げる、深める、それに関するいろんな人の意見や感想を読んでみる、ということではトラックバックはブログにとって欠かせない機能だったんですね。
お互いの善意を前提とした共通目的のためには非常に有効な手段なんですよ、トラックバックって。

ところが最近みたいにあたしも含めて猫も杓子もブログ、しかも単なる日記と位置づけちゃったり、反対にその利便性と検索ヒット率の良さやアクセス稼げることを利用していろんなことにブログを使う輩が増えてくると、このトラックバックをむやみやたらとカンチガイしまくったり、悪用とまでは言わないけどうまく利用することを考える人が出てくるのもまた仕方ないところかなーと。

ま、確かにカチンとくるトラックバックが増えてるのも事実ですが、だからといってトラックバックしたらコメントも付けてねっていうのも、本来の意味合いからすればチト逆行してるような気もするしで、どんなモンかなーと・・・筋の通ったトラックバックならわざわざコメントなんかいらんだろー、むしろそのためのトラックバックだろーというのもわかるし。。。

例えばブログといえば定番のMT3なんかでは、記事投稿時に自動で検索かけて関連記事にトラックバックを送るという機能があります。送る/送らないは選択なんですが、いずれにしてもこれはブログ草創期の純粋な意味でのトラックバック機能をより便利にしただけだと思うんですね。今どきだから他にもこんな機能が付いてるブログサーバとか、下手したら単独で「自動トラックバックサービス」なんてのもありそうだけど、これをむやみやたらと使うと、自分が何をやっているか理解できていない人も含めて、なんだかとんでもないことになりそうな気がします、そのうち。それでなくても不愉快なトラックバックがあちこちで話題になってきてますから、ここらできちんと考えたいモンですね。
posted by Sachi at 02:33| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

休日の過ごし方

なにやらWEBで発見した模様のシャチョーがさも嬉しそうに映画見に行くべと言うので、街の小さな映画館へ行って来ました。「え〜、めんどくさいし。ビデオでも借りればいいじゃん」と思わないでもなかったんですが、まぁデート気分でたまにはいいかと出かけたわけですよ。

んで、なにを見たかというと・・・
「理由なき反抗」「アメリカングラフィティ」「ビッグウェンズデイ」の往年の青春映画・豪華3本立て(涙

ジェームズ・ディーンがカッコよかったです、’60の音楽と車が泣かせました、男の友情にしびれました、ハイ。

7割方、シャチョーは熟睡しておりました・・・(ーー;)
posted by Sachi at 12:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | シャチョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

木枯らし

そろそろおでんの恋しい季節となりました。が、おでんなんぞうまけりゃいい、中身なんぞなんでもいいわいという性格の人間と環境が揃ってますので、問題になるのはその量だけだったりしますが・・・。

それはさておき、この季節になると思い出すCMがありまして。
だいぶ古い7-11のおでんのCMですが、

そこはかとなく重苦しい雰囲気の中、場面は夜の電話ボックス
女の子が意味深に電話をかけています・・・
せりふ:オデンワマッテマス・・・
ナレーション:セブンイレブンのおでん!


仕事柄番組そのものよりCMの方に注目してしまう毎日ですが、いまだにベストCMですね、あたしの中じゃ!今考えるとおやじギャグ以外の何物でもないんですが、思わずコケましたってば。
posted by Sachi at 00:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ぢゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

冷凍食品

日本の冷凍技術は世界一らしいんですが、何が世界一なのかイマイチわからない。到達温度なのか一定温度に至る時間なのか、はたまたそういう機器の開発・製造能力なのか、価格なのか・・・。
そういうことを言うからお前はかわいくねぇとか言われるわけですが。。。

そんなこたぁどうでもいいんですが、冷凍庫の使い方で激しくビックリされたことがあるのでちょっと。

使い方というより「入れる物」なんですが、あたしはごく普通にな〜んにも考えずにずーっと前からやってて、別に不都合もないし当たり前だと思って気にしたこともないんですが、モヤシって、冷凍・・・しますよね!?

スーパーのレジのおばさんが「こんなに買って食べきれないでしょう?すぐわるくなっちゃうわよ」とおっしゃるので、大きなお世話と思いつつ「いいんです、冷凍しますから〜」と答えると、そのおばさん含め並んでた奥様達が「え゛ーーーっ!?」と驚かれたので、こっちがビックリしちゃいましたってば。

フンッ、ほっといてもらおうか!うちの冷凍庫にはモヤシが5つも6つも入ってんのよ。袋ごとグぅワッシャーっとやればバラけてそのまんま料理できんぢゃ!モンクあっか!!
posted by Sachi at 04:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

煮詰まる

SPONSORSHIPをスポンサーズヒップと読んで、一生懸命リンクをたどったのはシャチョーです。
posted by Sachi at 19:23| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | シャチョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。