2004年11月20日

ついに・・・

ブログらしいことになってしまった。この日記はブログを使ってるとは言え、あくまでHPの一部ってことで、いわゆるブログ的なことはしないままでおこうと思っていたのに。。。

SHINOblogさんの「拝啓アフィリエイトサイト管理人様」と、そこに来ていらしたれっこさん/つれづれ日記NEWの「トラックバックの在り方」へトラックバックしてみますだ。

そもそもあたしはカウンターとかランキングとかいうのがでぇきれーで、その流れでトラックバックについてもお仕事ブログの方では何度かやんわりと(←めずらしく。つーか、お仕事だからしょうがないとは言え、ストレスたまりまくり)記事を書いたことがあるんだけど、これだけブログが流行っちゃうと当然いろんな人がいろんなことを考えたり考えなかったりしながらいろんなことをやってるワケで・・・

今さらなんだけども、だいたいブログっていうのは、=日記ではないわけですよ、元々の出だしが。今でこそブログで日記は当たり前になっちゃってるけど、本来は、つーか、ことの起こりは「ウェブ・ログ」、つまりWEB上のニュースや話題をちょこっとメモっておくようなモンだったんですね。で、自分の興味のある話題を集めといて、ちょっとしたコメントを付けたりしながらある意味日記風に溜めこんだ物の集大成としていろんな機能の付いたブログとしてできあがったわけですが、その特徴的な機能として「トラックバック」というのがあるんですな。

すなわち!(笑

興味あるニュース・話題に関連する記事を効率よく探す手段としてはこんな便利な機能はなかったわけですよ、トラックバック。自分で探さなくても相手が教えてくれるんですから。興味の対象を広げる、深める、それに関するいろんな人の意見や感想を読んでみる、ということではトラックバックはブログにとって欠かせない機能だったんですね。
お互いの善意を前提とした共通目的のためには非常に有効な手段なんですよ、トラックバックって。

ところが最近みたいにあたしも含めて猫も杓子もブログ、しかも単なる日記と位置づけちゃったり、反対にその利便性と検索ヒット率の良さやアクセス稼げることを利用していろんなことにブログを使う輩が増えてくると、このトラックバックをむやみやたらとカンチガイしまくったり、悪用とまでは言わないけどうまく利用することを考える人が出てくるのもまた仕方ないところかなーと。

ま、確かにカチンとくるトラックバックが増えてるのも事実ですが、だからといってトラックバックしたらコメントも付けてねっていうのも、本来の意味合いからすればチト逆行してるような気もするしで、どんなモンかなーと・・・筋の通ったトラックバックならわざわざコメントなんかいらんだろー、むしろそのためのトラックバックだろーというのもわかるし。。。

例えばブログといえば定番のMT3なんかでは、記事投稿時に自動で検索かけて関連記事にトラックバックを送るという機能があります。送る/送らないは選択なんですが、いずれにしてもこれはブログ草創期の純粋な意味でのトラックバック機能をより便利にしただけだと思うんですね。今どきだから他にもこんな機能が付いてるブログサーバとか、下手したら単独で「自動トラックバックサービス」なんてのもありそうだけど、これをむやみやたらと使うと、自分が何をやっているか理解できていない人も含めて、なんだかとんでもないことになりそうな気がします、そのうち。それでなくても不愉快なトラックバックがあちこちで話題になってきてますから、ここらできちんと考えたいモンですね。


posted by Sachi at 02:33| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
トラバ頂き、こちらにお邪魔させていただきました。
わたしの書いた記事の意図するところがちょっと伝わっていないかなぁと思ったので、コメントしていきます。

わたしのブログは、個人レベルで運営しているものなので、Sachiさんの言われている本来のブログの意図であったニュースチェックのためのものというよりは、最近の主流となりつつあるまさに「日記」的なものです。わたしみたいなのは「猫も杓子も」の杓子の方なのかもしれません(笑)
ですから、そういう個人でやっているものに無差別に一方的なトラックバックを送りつけるのはいかがなものか?と言いたいのです。
最低限のルールとして、少しは配慮してよ〜(ーー;)と言うことを言いたいがために書いたものです。
ブログユーザーが増えている現状では、考えナシに安易に送ってくる人が増えたので、もう少し考えようよね?と。
そのために、「コメントをつけるとか」「本文中にリンクを貼る」とか、人それぞれ適当な配慮をしてほしいなぁと。それがプロフにも書いた「機械的でない配慮」という意味です。機械的というのは、記事のトラックバック欄に、検索で引っかかってきたURLをコピペして張り付けるだけの行為を指しています。
わたしがそういうトラバを送ってきたブログを見に行くと、「トラバありがとうございました」ってコメントつけている方も見ますけど、わたしは「ありがとう」っては思えないです(笑) トラバ返せばいいのかもしれないけど、自分のところからリンクを張るほどじゃないっても思うのでわたしはしません。もし、ありがとうってコメントしにいくようなら、元々そういうトラバを送ってこられていないと思いますしね。

コメントについては、プロフの方に「コメントもつけてくれると嬉しい」と書いてますし、強制してるつもりもありません。まぁ、交流という観点から言えば、知らない方からコメントしてもらえたら、やっぱり嬉しいなぁと思って、してくれた方のブログにわたしも書き込みしにいこうと思えるし、コミュニケーションのツールの一環としては、そういう在り方が個人レベルのユーザーとしては理想なのではないかな?とわたしは思って、記事投稿しました。
ニュースリーダーとしての位置づけのブログとか、トラックバックされることを前提としたブログ(ココログでやっているトラックバック野郎とか)の場合は、全然別物だとは思いますが。
「お互いの善意」に基づいたものであるということが、「相手への配慮」も兼ね備えたものでもあればいいなぁと心から願うばかりです。

長文失礼いたしました<(_ _)>

Posted by れっこ at 2004年11月20日 11:13
>> れっこさん

初めまして。
ブログに限らずWEB上の意志疎通というのは文章から読み取るしかないわけで、日常会話と違い表情や言葉つきで真意を探るということができません。従って「意図するところが伝わっていないかなぁ」ということがお互いにしかも連鎖的に起こってしまう危険が常にあります。

例えば今回の記事に関しては、れっこさんのおっしゃる意図するところはあたしは十分に理解しているつもりです。ただ、あくまで「つもり」であって、それを相手がどう受け止めるかはまた別の問題になりますよね?実際れっこさんに頂いたコメントの内容を言いたくてあたしもこの記事を書いた部分もあり、相手を選んで不愉快なトラックバックはやめましょうってことが主旨ですから、あたしとしても「伝わってないなぁ」と思ってしまうわけですよ。

そのへんがずれたまま会話の応酬を続けると悪循環の末最後はケンカになったり、逆に放置すると納得いかないまま別のところでまた同じことを繰り返すようなことになるんじゃないかと思います。文章、文字だけで伝えるってホントに難しいですけど、書き手と同じだけ読み手も気をつかって、行間を読みとる努力が必要なんだと思いますね。書き手と読み手は常に立場を入れ替えるわけですから、お互いにそれをしないとワケわかめになりますって。(笑

トラックバックについては、特に最近その乱用ぶりが話題になったりしてますが、「本来の」ブログのために発生した機能がそのまま残っているわけですから、プライベートだろうが日記だろうが昔ながらの(本来の・笑)ブログだろうが、それを区別するには中身を読んでみるしかないわけで、草創期には許された(というか、それしか必要じゃなかった)関連記事につなげるだけの機械的なトラックバックも現在の多様性に合わせて使い分ける必要があると思いますし、最近主流になったのは個人ユースの日記だからという理由だけでは片付けられない問題なんじゃないかと思います。使い方1つで便利な物になったり不快な物になったりしますが、それは使う側に求められるマナーや考え方であって、これはブログを利用する全ての人が心して摺り合わせていく必要があると思います。
「正しい方法」というのはなかなか確立しにくいと思いますが、「これはダメ」っていうのを消去法で淘汰していけば結構それなりのルールができあがるんじゃないですかねー。

ちなみに、仕事用のブログで書いたトラックバック関連の記事はこんなのです、ご参考まで。

http://car-denso-net.seesaa.net/article/510168.html
http://car-denso-net.seesaa.net/article/694451.html

以上、長文返しでした(爆
Posted by Sachi at 2004年11月20日 12:32
ありゃりゃりゃりゃ!こんなブログを持っていたとは、今度からちゃんとこっちもチェックしなきゃだわ〜。
三方で話が進んでしまうとゴッチャになってしまうので、私もこちらにコメントさせていただきます。

サチさんも、れっこさんも、そして私も言わんとしていることは結局同じことでしょう。
要は「配慮に欠けたトラックバックは嫌いだ」と。

ブログがどういう経緯で生まれたものであっても、結局は単なるツールでしかない訳です。
法や規約に抵触しなければ「こんな使い方はいかん」ということはないんですよね。
ニュースや話題をメモっておく使い方もあれば、日記として使うことも可、
あるいは念力で書けるかの実験を行う場(笑)としても使えちゃう訳です。
コメントやトラックバックで情報や意見の交換を行うこともできるし
それらの一部、あるいは全てシャットアウトするのも自由。
有名なブログは、コメント受け付けないのが多いですよね、それも自由です。

私は基本的に、どちらもウェルカムですが、ただ、自分の気にくわないトラバは消すよ、と。
サチさんもそういうスタンスを取りつつ、カチンと来たトラバの存在には辟易してるし
れっこさんも同じく、マナーを無視したトラバには断固たる処置をしようとしてる。
ほら、同じじゃん(笑)、ねっ。

法や規約に抵触してなくとも、配慮に欠けた失敬な使い方をする人がいるのも事実です。
そういうことをされて気にならない人もいれば、ものすごくイヤ、って人もいる、
それをもっと考えてやってよ、ってことですね。
顔の見えない相手になら何しても良いってことじゃない。
それは3人だけでなく、多くの人が考えていることだと思います。
Posted by しのぶ at 2004年11月20日 19:42
>> しのぶさん

あれ〜、言わなかったっけか・・・?
仕事だとどうしても言いたいことが言えなかったり、奥歯に何かはさまりまくりの欲求不満見え見え表現になってしまうので、以前はcgiで書いてた日記を同じアカウントのブログにしてストレス発散してるだよ。(爆

そういえば記事の方で「猫も杓子もブログ」と書いたけど、うちのネコもブログやってるじぇ。(プっ

http://3cats.seesaa.net/
Posted by Sachi at 2004年11月20日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。