2006年01月12日

おぢやん

相当ヘソが曲がっていると自己分析するサチさんですが、別にイヂワルでもワカラズヤでもないので、素直に謝罪されると すぐ許しちゃいます♪

ってなわけで、先日カチンときた業者さんに改めてこちらからトラックバックしてみようかと・・・。先日トラバいただいた記事を編集です :p

ついでながら、差し出がましいようですが、特にルールも確立されないまま何が正しいかもはっきりしないトラックバックですが、あたしなりにこんなふうにしときゃあ、とりあえず相手も不快にはならんだろうということで・・・

1. 検索かけて「単語」がかぶっているだけの記事にばらまくのはNG(そういう方法も否定はしないけど、個人のブログでは不快なことが多い)
2. とにかく先に相手の記事を読む(どこのブログにもトラックバックの説明には「相手の記事に対する感想」と書いてあるでしょ?)
3. 記事中に相手のブログやエントリーへのリンクを表示(コレがないと一方的なリンク強制になってしまう)


***************************


TB/牡蠣の食べ方・・・あなたは?
美味しい牡蠣の食べ方は、あなたはどれですか? ・・・
・・・肉汁ならぬ牡蠣汁がジュワーと 口一杯に広がる・・・あの味わい!!!
http://hiroshimaoyster.blog31.fc2.com/blog-entry-8.html


広島から牡蛎取り寄せるのはちーと考えてしまうんですが、でも美味いモンが鮮度保って届くなら考えてみてもいいかなーと、つらつら思いつつ・・・


ぃやぃや・・・

こういうの作らせたら、

ヤツは天才ですな。。。


オジヤン牡蛎
- 牡蛎の洋風味噌バターおじや -



1.コンソメでミックスベジタブルと牡蛎を気の済むまで煮る
2.ご飯投入、味噌投入
3.タマゴ乗っけてフタ
4.盛り付けてバター


おりえんたるおいすたーりぞっと

んがっ?


リゾットとおじやは似て非なる物、根本的に違う食い物と認識しておりますが、まあ最終的に行き着くところは似たようなモンだし、入ってる物もいっしょだし、美味けりゃモンク無いし。。。

今日からあなたを、

愛と賞賛を込めて

おぢやん

と呼びましょう♪
posted by Sachi at 23:16| ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | ├男の厨房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
洋風だけでもなく、和風だけでもなく、まさにオリエンタル!
牡蠣も気の済むまで煮てあって、安心です♪
あれ?牡蠣は和の食材でしたっけ?
よく考えたら、知りませんでした。わはは。
Posted by てんすとん at 2006年01月12日 23:31
スィマセン、牛乳入ってるそうです。
期限ぎりぎりだったんで、さすがに加熱しました。
牡蛎は洋の東西問わずよく食べられるんじゃないっすか?
美味いモンに国境は無い!w
Posted by Sachi at 2006年01月12日 23:47
牡蠣大好!!
それもどんぶりおじやんだ。
Posted by きよこ&ごんた at 2006年01月13日 08:24
ふぅ〜ん、ふぅ〜ん。
いいな〜、ご飯作ってくれる旦那さんがいて。
味噌と牛乳か・・・
クヤシイけど、美味しそう!!

Posted by ふ〜 at 2006年01月13日 14:01
奥さんがご飯作ってダンナの帰りを待つという家庭ではないので
けっこうこのパターンは多いです。
つーか、単に自分でやりたい(日もある)ようです :p
Posted by Sachi at 2006年01月13日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

牡蠣の食べ方・・・あなたは?
Excerpt: 広島は倉橋島の安全・安心の牡蠣      ↓ http://www.ec-kaki.net/ http://www.kurahasij.co.jp/ 美味しい牡蠣の食べ方は、あなた..
Weblog: 美味いぞ!広島牡蠣(*^_^*)
Tracked: 2006-01-14 01:22