2011年05月13日

航海U


風の角度で舵を切り
星の向こうへ舳先を向ける


闇がなければ道は見えない
行き先は星を見ながら決めるもの


ヴェガの手招く航路(みち)を照らす月
明日の行方を目で追うあなた


羅針盤の物語を聴きながら
波間にゆらり


潮の香りを身にまとい
今夜はここで帆を下ろす


posted by Sachi at 23:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

Gradation


全色のパレットから
ひとつの色を選び出す

震える指で拾った色は
思いもかけない
哀しいブルー

あなたと私の
Gradation
互いの色をスタートに
心の置き場を
探す旅




posted by Sachi at 14:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

走り続けるアキレスの
遙かな行く手の空の上から
イカロスは
哀しみを込めて見つめている


飛び続けることの虚しさを
飛べない者に伝える術はない
posted by Sachi at 01:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

夏の嵐


空間から滴が漏れ落ちそうな

深夜のビル階段

降りきれない雨を待つように

あなたに触れて湿度を確かめる



こぼれそうな想いがパチッと鳴って

暖かい風に乗って雨がやって来た
posted by Sachi at 17:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

輪廻

朽ちて倒れた木に腰を下ろし
足元の苔に時の流れを問いかける


迫り来る闇の陶酔に抗しきれずに
そのまま躰を横たえる




ある日ひとりの老人が立ち止まり
私の上に腰を下ろした
posted by Sachi at 12:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

フラスコ

ガラスの丸い入れ物に
たくさんの欠片を詰め込んで
私の心はできている


固い物に触れて割れぬよう
あなたは両手で包んで携える


星の破片を虹の切れ端で包み
そっと息を吹きかけ
静かに飛ばす


どうかあなたの行く手に
小さな灯りがともるよう

posted by Sachi at 15:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

ブラインド

見つめ合う
その視線がふと外れたときに
目に映るものを伝えよう


半周ずつを見渡しながら
見えない部分をあなたに託す



2つの円を少し重ねて
私たちは生きている


posted by Sachi at 21:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

Pride

ここで待つのはあれから2度目

始まったこの場所で
歩き方を思い出す


時は多くを奪い去り
夢は心を傷つける


胸の傷の痛みが私の誇り
夢は命を覚悟する



posted by Sachi at 15:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

笑って

哀しみを背負った人の
搾り出すような優しさが
とても切ないことがある


そんな貴方には
いつも笑顔をあげることが
たったひとつ私にできること


笑って下さい少しでいいから

そしてどうしようもなく疲れた時は
私の腕の中で
静かに眠っていて下さい
posted by Sachi at 14:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

航海


風の角度で舵を切り
明るい方へ舳先を向ける


あなたと出会って
私は羅針盤を捨てた


見渡す視界の全てに行き先があり
着くことではなく行くことに
意味があるのはいいね



消えていく航跡を振り返ることもなく
光の先へ想いを馳せる
posted by Sachi at 22:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

思いあがり

幸せな人の言葉は
心を打たない

それを知らない人の言葉は
時に残酷


posted by Sachi at 18:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

通り雨

全てを洗い流してくれるなら
優しい雨に身を任せて
溶けてしまうまで眠りたい
貴方のいない
そんな夜

posted by Sachi at 00:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

覚悟


私達には覚悟がない



でも時々

小さな決心をする
posted by Sachi at 18:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

花音符


足元に映る藤棚の
5線の影に舞い降りた
花びらがメロディーをきざむ



その旋律をたどると
あなたの唇から歌が流れ
風が吹く度
哀しみを増す


posted by Sachi at 20:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日


右足には勇気が無い
左足にはブレーキが無い
行く先を聞いても
それぞれ勝手なことを言う


こんな自分と一緒に歩くのは
大変だろうと尋ねたら
私はあなたの靴になるから平気と
応えた人が
いつも最後の力になる
by SBL
posted by Sachi at 00:00| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

たどり着いたらいつも雨降り


疲れ果てていることは 誰にも隠せはしないだろう
ところがおいらは何のために こんなに疲れてしまったのか
今日という日が そんなにも大きな1日とは思わないが
それでもやっぱり考えてしまう ああ、この気怠さは何だ


いつかは何処かへ落ち着こうと 心の置き場をさがすだけ
たどり着いたらいつも雨降り そんなことのくり返し
やっとこれでおいらの旅も終わったのかと思ったら
いつものことではあるけれど ああ、ここもやっぱりどしゃ降りさ


心の中に傘をさして 裸足で歩いている自分が見える
人の言葉が 右の耳から左の耳へと通り過ぎる
それほど頭の中はからっぽになっちまってる
今日は何故か 穏やかで知らん顔してる自分が見える

安らかに・・・
posted by Sachi at 02:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

オレンジ

ケースからのぞく人参色のシャツを
見てしまってから 少しためらって
素肌にあててみる



フロントガラスに滲む街並み
公園通りは雨模様


窓を細めに開けて
袖をまくると
裸の腕に春の風


車の列を縫うように
傘を持たないあなたが駆けてくる
posted by Sachi at 13:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日


あなたは月の光を集めて
檸檬色の糸を取り出し
私は泉の底の湧き水の音で
薄紫の糸を紡いできた


今日から2本の糸を縒り合せ
あなたと私の布を織る
儚く冴えた月の光を縦糸に
人知れず哀しい泉の音を横糸に
1枚のキャンバスを織り上げる


萌え起つ色の衣装をまとい
誰にも告げず旅に出る
posted by Sachi at 00:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

惑乱


哀しみを溶かしきれずに
藍と深紅を瞳に残した少女


深紫のヘテロクロミア

生まれてきたから生きて行くだけ
情熱も愛情も2色に分ける


posted by Sachi at 08:14| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

Black Star


あなたの胸に揺れる
黒い石が星の光を放つと
私の視界は赤く閉ざされる


ねえ、連れて行ってよ
夢の世界へ


私の胸に汗の雫を落とす
サファイアの魔法で


posted by Sachi at 02:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | shi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする