2017年08月25日

強気の強火

さて、ダイコンの葉っぱと油揚げのしょう油炒めとか、梅干しホッケご飯とか、世界一美味い喰い物がたくさんあって日々の献立に悩むサチ家ですが、中華ぽぃメニューで世界一を目指すならこれですってやつを。
ご飯が進むどころか、途中でご飯にかけちゃいますからねぃw :p

タマゴとレタスのオイスターソース炒め



1.オイスターソース、しょう油、お酒、胡椒混ぜてタレ準備
2.タマゴ(1人2〜3個?)よーく溶いておく
3.レタステキトーにちぎる(ケチケチしないで大量)
4.煙が出るまで中華鍋熱して、多目の油で溶き卵ぐるぐる
5.2、3度返したりしてタマゴが全然固まらないうちにレタス投入して
6.ある程度まとまるまで鍋あおって、最後に1のタレ回しいれて全体になじむように数回返す

終始強火でいくので、初めにタマゴに火を通しすぎちゃうと出来上がりが卵焼きになってしまいます。ツンツングルグルしながらまだ7割方?液体でいるうちにレタス投入します。中華料理でタマゴとトマトの炒め物なんてのがありますが、あんな要領ですかね。底の平らな普通のフライパンなんかだとタマゴが広がりすぎちゃうので、加減が難しいやも知れません。
レタスはどうせ生でも喰うもんだし火の通りなど気にせず、タマゴの状態重視で仕上げます。

タレなしで塩・胡椒や、しょう油かけて喰っても美味いですが、中華鍋&中華おたまでオイスターソース炒めなんぞと通ぶってみるのもたまにはいいもんであります :p

posted by Sachi at 15:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | ├JLA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

天候不順

この前朝焼け見たのはいつだっけなーつらつら遡ってたら、なんと1ヶ月前でした@@;
もちろんその間に1度もなかったわけではないと思いますが、いずれにしてもいつまでたっても梅雨が明けない感満載のこのお天気はどーにかならんもんでしょか…。

金星☆キラリ


日の出




posted by Sachi at 14:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | ├ベランダ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

ホントの自由

ウメモトの自由雲台、大中小とある中で真ん中の中タイプ、SL−50AZDというやつです。
クイックシュー直結専用タイプなんでアルカスイス互換のSUNWAYFOTOの小型のパノラマ雲台DDH-02iをつけていますが、なにげにジャストフィットです。

あちこちにレビューがある通り、非常にスムーズな動きと、軽くキュッと締めればOKの固定力は、フルサイズに標準ズームぐらいなら中型でも余裕のよっちゃんです。締めたときの微妙な構図のずれも皆無とは言いませんがとても少ないので実に気持ちよく使えます。

ただし、フリクションコントロールの機能はありませんので、緩めると一気にガクッと緩むので、その辺は注意というか、使い道とか好みの分かれるところだと思います。



で、あまり評価の載っていないポイントをひとつ。
この雲台、ボールの他に可動部が2つあり、ボールを含めた合計3箇所の締める/緩める操作を1つのツマミでいっぺんに行います。あっち触ったりこっちいじったりしなくて済むので、ワンアクションでスパっとカメラを固定できます。

2の基台部はいまどきの雲台ならたいてい付いてる水平方向の回転、パン操作ができるってやつですが、この雲台には独立したツマミはありません。つまみを締め込んでいくと先にボールが固定され、さらに締めると基台部が固定されますので、いわゆる「半締め」の状態で独立したパン操作ができるようになってます。
詳しくはウメモトのページで >>



それはさておき、1の部分が360度回る件ですが、これが非常にナイスなわけですよ。
何がナイスかっていうと、縦位置にしようが真上向けようが真下だろうが、カメラをどんな方向に向けようともツマミの位置を常に自分の好きなところに一定に保てるわけですよ。

あたしの場合は左側にツマミってのが好きなんですが、ツマミとスロットの位置関係が固定されている雲台だと場合によってはツマミがあさっての方に行っちゃってゥガってなりますからねーw

ツマミは常に使いやすい位置に










posted by Sachi at 16:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | カメラ・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

相棒

放置すること2年と少し、投稿画面もすっかり様変わりしておりまして、なんだかよくわからない徒然なるままにとりあえず1回ボタンを押してみるなど。。。

さて閑話休題ですが、意味や使い方は置いとくとして、三脚です。

ジッツオの古いアルミ三脚で、実家の倉庫から盗んできたんですが、型番がワカリマセン。
パイプ径28mm始まりの2型と思われますが、エレベーター上げると「CREMAILLERE 2」て書いてあります。ククク・・クレマイレール?クリミエールか???おそらくフランス語でしょうからサチさんの関知するところではありませんが、いずれにしてもこのCREMAILLERE 2とか3とかってエレベーター/センターポールの品番で三脚本体の型番ではないと聞いたことがあるんですが、だとすると他には一切記載がなく、シールが剥がれたような形跡もないんでござる。。。

謎のおジッツオ様




縮長:650(プレートまで)
全高:1430(エレベーターなし)
全伸高:1755(エレベーターあり)
重量:雲台込みで約4kg

ま、名前なんかどーだって医院ですが、2型の中では比較的高さの出る機種で、エレベーター上げなくても画像の雲台込みで1580mmと、ほぃほぃ♪な高さになります。三脚はナニがなんでもアイレベルというもんでもないと思いますが、あたしみたいに空ばっかり撮ってるとカメラ上向けても立ったまま無理なくファインダーが覗ける高さはぢつにありがたいんであります。

して、さすがおジッツオ様、2型といえばいわゆる中型三脚の部類ですが、28〜20mmのさほど太くもない、というより見た目はやや華奢でその上(サチさんのような)スラリとした長い脚をいっぱいに伸ばしても、エレベーターを多少上げてもぜんぜんオッケーなんであります。耐荷重とかスペックは不明ですが、しっかりした雲台付ければ10キロやそこらは軽くいけるんじゃないっすかねー☆

どこのメーカーも、いいのもあるけどテキトーなのもあるので、さすが○○製とやみくもに褒め称えるのはアレですけど、おジッツオ様に関してはどれ持ってきても「さすがっ!」と思えてしまいます。

雲台込みで4キロは持ち歩くには微妙な重さですが、大型カーボンと似たり寄ったり、腕と足腰鍛えればなんとかなります(白目
ちっとぐらい風が強くても平気だし、特にパン操作に特有の重さがあるビデオ雲台を付けているので、多少荒っぽく動かしてもヘロヘロ軽量カーボン三脚のように三脚ごと動いちゃうてことも有馬温泉 :ppp

ってなわけで、近頃はすっかりこのCREちゃんと仲良くなったサチさんでありますた。

posted by Sachi at 15:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

セーフ!

すべり込みで、年1回の更新をば・・。

・・・・・・・・・一応タッチだけしときますた(白目

posted by Sachi at 19:41| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする